mineoで確認すべきこと!速度や料金を徹底解説!

mineoの回線スピード

ここでな、mineoの通信速度についてご説明していきまふ。ドコモ回線プランは225MbpsのLTE回線で、AプランではAU 4G LTEなので、225Mbpsの通信スピードになります。回線が混雑している時の通信スピードは、各所で話題になっている通り、キャリア契約のものよりも通信速度は遅くなります。混雑時でも通信回線が速い方がいいというのであれば、キャリア契約期間をされた方がいいとおもいます。なお、格安でスマホの利用ができるものですから、全体通して見ても、mineoも含めた格安スマホは魅力的なサービスだと思います。

mineo AU回線プランにおける3日間制限に関して

MVNO・キャリアともにそうですが、通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、規定の通信量を超えた利用者には、通信速度制限が行われます。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。mineoでは、各契約プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランでの速度制限

mineoのdocomo回線を用いたプランでは、直近の3日間の通信量を基にした速度制限は適用されません。動画やゲームをしたりしなかったりで、日々のデータ通信量が一定でなく大幅に変動する方は、AプランよりもDプランを選んだほうが、この3日間の利用制限を気にせず使えます。その辺りも検討してから、どちらのプランが適しているかを選択しましょう。

mineoの特色

格安スマホのサービスの一つであるmineoついてご説明させていただきます。大手キャリアから乗り換えすると、毎月のスマホ代をとても節約できるようになりますよ。かかる費用は毎月わずか1,310円。それで格安SIMが利用できるmineoは、格安スマホサービスとして皆の注目を集めています。mineoは国内で初めてのマルチキャリアMVNOとなっており、docomoの回線とauの回線の2種類のプランが用意されています。通話エリアや繋がりやすさといった品質に関しては、docomoやauと全く変わりがないので、安心して利用することができるでしょう。そんな訳で、今回は、mineoの速度や評判・口コミをまとめてみました。少しお付き合い頂ければと思います。

docomoとdocomo・AUの基地局を利用した格安SIM・格安スマホ

auとdocomoの二つの回線を使用できるマルチキャリアを利用することができます。その音声通話の品質は、docomo・AUの品質と同等の高いもので、サービス提供エリアもドコモやauとほとんど同じです。回線が同じなのでdocomoやAUのスマートフォンなら、そのまま使え、スマホを新たに購入しなくても大丈夫です。端末代は結構高いので購入しなくていいというのは経済的にすごく助かります。もちろん、mineoで販売している格安スマホも、docomoプランとauプランのどちらにも対応しています。docomo、AU回線なので、安心して、そして、価格も安く利用できますし、docomo回線とAU回線の好きな方を選択することができます。2つのプランで値段が少し異なるので、どちらがお得になるか考えながら検討してみてくださいね。

VoLTE(ボルテ)対応プランがある!

VoLTE対応プランがあることで話題となったのが、mineoです。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、LTEを利用した最新式の通話技術のことなのです。今までは、300Hz~3.4kHzまでの周波数の音声しか拾えていませんでした。VoLTEは50Hz~7kHzレベルの音声も拾うことが可能となりました。そのため、より高い音質での通話が以前と比べて可能となったのです。これはmineoの大きなメリットの一つになっています。

データくりこしができる!

mineoに関しては、当月に利用しなかった分を翌月へ繰り越すことができるため、月毎によってデータ量の使用が変わっても、追加の出費の心配をすることなく使えるという点が、ポイント高いところですね。

mineoアプリの活用で、通信量を節約!

mineoではmineoスイッチと呼ばれるものがあり、高速・低速のどちらにも通信速度を切り替える事が可能です。使用するデータに無駄がないように設定できるのでお得で便利です。mineoqスイッチとWi-Fi(公衆無線LAN)を上手く利用することで、より安価な料金プランで済ますこともできます。携帯代節約に大きく味方してくれることでしょう。

mineo月額と解約に関して

格安スマホで今話題のmineoの料金や通信スピードなどについてちょっと説明させてください。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?スマホの利用料金をできる限り削減するか、ぜひ読んでみてください。 料金プランを見ていきましょう。

mineoの料金・初期費用

マイネオの料金プランは、SIMは、データ通信専用のものと音声通話付きのものとで分かれています。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約手数料

mineoの解約縛りについて、説明していきます。mineoは、利用期間に制限をかていないMVNOですから、サービスの解約時に手数料が必要ない珍しいMVNOです。解約違約金の心配が無く、気軽に格安SIMを試せるという点では、MVNOのサービスとしては優秀なサービスだと言えます。ただ、一つだけ気をつけないといけないのは、1年以内のMNP転出だけはMNP転出手数料として12,420円が掛かります。音声通話SIMを利用する場合はこのような制限が設けられるので注意して下さい。

【終了間近】キャンペーン