楽天モバイルの解約手続きの方法

楽天格安スマホって?

楽天モバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。なんといっても毎月の代金が1250円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。楽天モバイルの特徴はドコモと同じ回線を使っているという点で、通話品質も対応エリア・電波の強さもdocomoと一緒です。楽天モバイルの契約期間中はずっと、楽天市場で買い物した額のポイントが2倍になるというキャンペーンも見逃せないです。さて、それでは、早速、楽天モバイルのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線網の激安なスマホ

業界最安値水準の月額料金で人気の楽天モバイルは、ドコモ回線を利用しています。docomoと同じく信頼の高い通話品質ですので、対応出来るエリアも広く、繋がりやすいので、安心してください。ドコモのスマホであれば、ほとんどの機種が楽天モバイルで利用することが出来ます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。docomoのスマホを利用している方であれば、SIMカードを契約するだけで使うことができますので、新しくスマートフォンを購入する必要もありません。通話品質もサービスエリアもあのドコモと変わらないのにこんなに安いなんて、ちょっと信じられないくらいお得なサービスです。

格安スマホがよりどりみどり

楽天モバイルの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、スマートフォンを新しい端末に買い換えなければいけません。楽天モバイルのサイトを見ると販売されている端末は、非常にたくさんの種類があり、他のMVDOと比べると選べる幅も広がります。スマートフォンよりも大きな画面をご希望の方のために、タブレットも豊富な種類を取り揃えています。楽天モバイルで全ての利用者にとても便利といえない点があるとすれば、購入代金の分割払いは、楽天カードでのみ可能な点です。もし、楽天カードを持っていない時は、購入代金は一括で支払うしか方法がありません。ただ、楽天カードのことがあったとしても楽天モバイルの機種数の豊富さは数あるMVNOの中でも一番の魅力だといえるでしょう。

高速通信量のくりこし

どのプランを選ぶかによってデータ通信量は異なりますが、使ったデータの量が少なく、月によってはかなり残ってしまうこともあるかと思います。楽天モバイルであれば、余った分を翌月に繰り越して、その分もプラスして使うことができます。MVNOの中にはデータ容量の繰越を行っていないものも多いので、データ通信量の繰り越しができるのは、楽天モバイルのメリットと言えるでしょう。データ通信量を繰り越せるサービスを駆使して、お得に格安スマホを使っていきたいですね。

通話料金がオトクな、楽天でんわ

楽天でんわは、通常の通話料が半額になるため、電話代がお安くできるサービスです。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、電話を受けた側に発信番号がしっかりと通知されるのです。しかもこの番号通知には普段使っている携帯番号を使うことができます。なので、相手にはいつもどおりの電話と何ら変わりありません。多くのIP電話は、番号が通知されなかったり本来不要な050番号が先頭に付加されて通知されたりするので、相手が出てくれなかったりするので正直不便だったのですが、楽天でんわはそんなことがないので非常に使い勝手がいいです。楽天でんわを使ったときの通話料も、利用分も楽天ポイントとして貯まりますので、お得感が倍増ですね。カケホーダイサービスもあるんです。

5分かけ放題オプション開始。

auやドコモ、Softbankといったキャリアは、どこにかけても通話料無料という料金プランがある一方、多くのMVNOはこの通話し放題というプランは適応されません。MVNOのデータ通信料は大手大手携帯電話会社より格安で済むから家計には優しいけど、いざというときの通話料金が高そうでちょっと手が出しづらい。と、迷っている方でも納得できます。楽天モバイルでは1カ月の利用料金が850円で、日本中どこでも最初の5分は回数に関係なく無料になるという魅力的なオプションができました。この5分かけ放題オプションは、楽天でんわと同等の回線を利用する為、楽天でんわや通常の発信と同じく、発信者番号を通知してくれるので、いつもと変わらぬ使い心地で、なおかつ通話し放題になるという大きなメリットがあります。同じMVNOのNifMoでも通話し放題サービスを提供していますが、発信者番号を通知することができない例がレビューブログで報告されていました。楽天でんわでは、1分約21円の通話料が掛かるので、毎日2分は電話する人にはお勧めのオプションですね。

最初の1ヶ月は料金が無料

楽天モバイルのお得な特典の一つにSIMカードの契約をすると、最初の1ヶ月はタダになります。その一ヶ月間というのは、契約してSIMカードを所有した日から料金支払いの締め日までの一ヶ月間という意味です。ですので、月初に届くとほぼ1ヶ月分がタダになるということです。しかし、解約する会社にも、場合によっては解約料を支払わなければならないケースもあるので、月初めに届くことを逆算し、契約される事が、必ずしもお得になるとは限りません。乗り換えのタイミングは慎重に!

楽天モバイルの月額プランに関して

楽天モバイルの月額料金やオプション料金について説明します。現在、使用している月々の携帯料金と見比べながら、通信費を安くできるのか読んで下さい。これから、月額プランを見てみましょう。

料金・初期費用

楽天モバイルの月額費用は、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。070/080/090などの番号を使用するものが音声通話SIMなので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。通話SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データSIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

プランの内、ベーシックプランは、200Kbpsの低速通信だけ使い放題になるプランで、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの262.5Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。楽天モバイルでは、初期費用は一律3,240円だけです。ただし端末を購入する場合は、その費用も必要になります。

楽天モバイルの最低利用期間

楽天モバイルの最低利用期間と解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。解約手数料は、解約時期に関係なく一切かからないということは非常に魅力的ですね。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は9800円です。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、3ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

回線速度

楽天モバイルの回線網は、0通信速度については、docomoと同じ回線ということで、安心のスピードですね。ドコモと同じ回線なのに、お値段が破格なのは、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの帯域制御に関して

キャリアもMVNOもそうですが、利用者全てが平等に使えるように、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行いました。具体的には3日あたりの通信容量が、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっていたのですが、3日制限が撤廃されたのは大きなニュースとなりました。つまり、楽天モバイルを使うにあたって、動画等を観たあとに、72時間制限の恐怖に怯える必要はないので、ユーザーとしてはかなり嬉しいバージョンアップです。

【今月開催中】キャンペーン